仕事のこと

【頻出】公認会計士がよく使うWindowsショートカットキー

【頻出】公認会計士がよく使うWindowsショートカットキー

公認会計士がよく使うWindowsショートカットキー

 

会計の仕事をしている人にとって、ひいては、パソコンを使って仕事をしている人にとって、Windowsのショートカットキーを駆使することは不可欠なはず。そこで公認会計士が良く使うショートカットキーを今日はご紹介します!

コピー&ペースト(貼り付け)

Ctrl + C → コピー
Ctrl + V → ペースト(貼り付け)

 

書くまでもないかもしれません。いわゆる「コピペ」する際に使用します。対象は文字だけでなくファイルやフォルダも可能。似たようなショートカットで、Ctrl+X の「切り取り」を使うこともあります。

 

エクスプローラー(新しいウィンドウ)を開く

windowsキー + E

 

新しくwindowを開く場合に使用します。
windowsキーとはこちらです。
以下の画面が一発で開けます。

 

ウィンドウを複製する

Ctrl + N

 

Windowを複製する際に必ず使用します。個人的には②よりも頻度が高く、非常に便利。

 

 

デスクトップを表示する(すべてのウィンドウを最小化する)

windowsキー + D

 

デスクトップを表示する(最小化する)際に使用します。ぼちぼち使います。おそらくデスクトップになんでもかんでも置いている人ほど、利用度は高いでしょう(私は基本的にデスクトップがフォルダやデータで埋め作れているのは推奨していません。理由は色々あります)。
このような、色々なファイルやフォルダが開かれている状態から一気に以下の画面になります。

フォルダやソフト、ブラウザを閉じる

Alt + F4
Ctr + w

 

windowsやエクセルファイル、ブラウザ等を閉じる際に使用します。 キーがやや離れていているのが気になりますが、知っておくと便利です。「Alt + F4」と「Ctr + w」とでは微妙に違う作用をするのですが、この違いは使っているとすぐ認識できて慣れるはずです。いちいち、フォルダやブラウザの右上の×をクリックしなくても閉じることができるので非常に便利です。

 

 

画面をロックする

windowsキー + L

 

PC画面をロックする際に使用します。セキュリティを守るためにも必須です。画面を閉じればいい場合もありますが、以前それでロックがかかっていなかったことがあり、それ以来ショートカットしか使っていません。

 

 

ウィンドウを切り替える

Alt + Tab

 

windowを切り替える際に使用します。これも高頻度で使用します。テストがあったら必ず出るレベルです。
Altを押しながらTabを押すと、下記の水色の囲みの中で目的のフォルダやデータを開くことができます。

 

大文字入力をデフォルトに設定する

Shift + Caps Lock

 

入力する大文字で固定したい時に使用します。また小文字に戻す際も同じです。大文字の方が読みやすい言葉であったり、見出しのような文字を入力する際に、Shiftを押しながらすべての文字を入力するは非効率なので地味に使います。

 

ウィンドウを寄せる

windowsキー + 矢印(↑ or ↓ or ← or →)

 

windowを寄せたい時に使用します。

windowsキーは上述しましたが、こちら。

例えば、ブラウザを左に寄せたいときには、windowsキーと←を押す

このように左に寄せることができます。他のデータを開いてwindowsキーと→を押して目的の2つのファイルを等間隔で2つ並べる時等にも便利です。

こんな感じにできます。

ひとつ前に戻るor進む

Alt + 矢印(← or →)
超便利!!
ウィンドウやブラウザ使用時、「ひとつ前に戻る or ひとつ先に進む」際に使います。これも非常に便利。そして知らない人が意外と多い。ひとつ前に戻る場合に「Backspace」を使う人は結構多いと思うのですが、その時にまた元の画面に戻る時(Backspaceを使う前の画面に戻る時)にはクリックする等の手間が発生します。その時「Alt + →」を使えばすぐに元に戻すことができます。論より証拠、これは是非一度試してみてください。

終わりに

自分では当たり前と思っていても、意外と周りでは知られていないケース(もちろんその逆のことも)があるので基本的なものも含めて思いつくままに記載してみました。頻出ショートカットは人によって違うと思いますが、色々試してみて試した結果残るものだけ覚えておけば良いと思っています。ただ何も調べずにいると知識は更新されませんから、どんな効率化の方法があるかインプットする機会は設定する必要があると思います。

 



※なお、文中の意見にわたる部分は筆者の私見であり、いずれの団体等の見解を代表するものではありません。 



サービスメニュー
【上場企業・大企業向け】
決算支援・決算早期化支援
IPO支援  
内部統制支援
社内研修・研修講師

【中小企業向け】
顧問全般
資金調達支援